きゅうがつの最後、僕の気持ち【後篇】

人生が順々じゃない、そして、憂鬱のタイムがそろそろ始まります。

一つ、クラスメイトたちのことだ。
僕のクラスが少し変だ。じゅうさん人のクラスでただふたりの男だけ!で、このクラスは半部に分けます。なんてこんなに悪いことになった、あたし言いたくない。でも、二つも責任ある、それは事実だ。

まつ、ハンチョウは駄目の男です。たとえばこの月曜日で対位法の宿題があげるでした。
冊子はいつもハンチョウに上げる、そして先生に渡す。
あの日でほかのクラスメイト(あたしの友達じゃないの人たち)は宿題冊子が忘れてだと言いました、でも、僕と僕のながよしたちが忘れないよ。
その後で、こいつが俺たちの冊子に全然無視するで、一人でいっじゃだ!
たく、お前!何を考える!
俺たちクラスのメンバイじゃない?!
俺たち人間じゃないの?!
俺たち無視するぞ?!
なにもできないの駄目男よ!
お前、全然ハンチョウを当たるじゃない!
ただ閉じこもって乱れる男くせに!
いつもいつもなにも無駄だ.もしお前この仕事をやめて、どか指導員を知らせる、僕たちのことは冗談やめて!

そして、僕嫌いの女はただワルイ女だけ。もう吐き気がさせられます= =|||
僕、論文を試合するのために投稿しましたのこと言いましたよねえ。その中である不ユカイなこともある。
最初、先生はこの彼女に試合のことを知らせった。そして先生がこいつに「安静に知らせろ」と言いました。それで内緒事が外に出て来る。
こいつトイレで俺に話しを渡すし、「先生が君に知らせる、投稿しよう」と言いました。
「試合」のことは全然俺に知らせない!だから、俺が一般的な投稿と思って、先生に連絡しなかった。
みっかの後で、先輩と一緒に中ご飯を食べる時に、俺にその試合のことを教えた。
で、論文を改めるとかコピーするとか投稿するとか、沢山のことが山のように遭う。先生も俺に非難した。本当に大変だった。
昨日、せっかくこの事が終わった。俺よく考えろ、最初時に、あのワルイ女「試合」のことは俺に言わない。絶対、こいだ。
俺をもてあそぶ?!冗談だぞ!先輩がもし私にこの事を教えるのではありませんならば、この責任、お前を負えることができるか?あり得ない!!私を持つ前途は冗談を言っている、了見はどこにあるか?もう!むかつく!!超むかつく!!
考えれば、そんなこと初めてじゃない。こいつずっとそなんことするだぞ。
ある大先輩が彼女と同じ故郷だった。こいつ、人前で先輩に褒める、人後でののしる!いくつかの話が聞き苦しい。彼女がそうなん人だ。
多分、こいつの家庭環境の関係ある。母子家庭なため、恐らくいくつかの欠陥が存在して、教養がないことに見えて。
心は悪いですで言うか、心理奇形でほうかいいかもしれません。
でも、怪しいことは、指導員がこいつを凄い好きだ。ある程度で、二人も同じ変だ。
で、正直、俺、こいつを羨ましい。
自我介绍

安靜

Author:安靜

出会い系サイトご近所セックスフレンドセフレメル友出逢い系サイト出会い系サイト出合い人妻出会い大人の出会いブログパーツ



わたしの日本語のブログDE~A~TH~
ps:欢迎搭讪~~

潤②のアルバム
応援中
【Starry☆Sky 応援中!】
[ジョーカーの国のアリス]占い
風鈴
日历
FC2计数器
类别
链接
加为好友

和此人成为好友

最新留言
月份存档
最新文章
搜索栏